靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

天皇陛下の公務と生前退位について考えよう!

   

国民の中にはご皇室の方々が何をしている人なのかわからない人も多いようです。
私も実際に行きつけの美容室でご皇室の話になり、美容師から
「あの人たちは何をしている人ですか?」
という質問を受けたことがあります。

日本国民の意識のなさが伺えるエピソードですが学校教育でも教えていないからなのでしょう。

さて、日本の天皇陛下を中心とするご皇室のお仕事はまず、祭祀です。
祭祀にはじまって祭祀に終わる・・・
神社という日本古来の信仰である神道の祭祀王と考えてもらったらいいと思います。

神道は日本古来の信仰でありご皇室が深く関係しています。
神道の一番大きな神社は伊勢神宮とされています。

伊勢神宮の祭司はご皇室から選ばれた女性ということはご存知でしょうか?
そのほか長野の善光寺も尼寺で、トップはご皇室の女性です。

これらは若いうちに白羽の矢があたり、当たったらご皇室の仕事ですから断ることはできません。

さて話は天皇陛下に移します。
お正月は四方拝からはじまり、一年を通して祭司が行われます。
春はお田植祭、秋は新嘗祭と稲作文化の日本ならではの稲を植えて刈り取るというお祭りです。

天皇の代わりになる人物はいないわけですから、からなず天皇陛下が行います。
侍従などに
「代わりにやって」
というわけにはいかないのです。

天皇陛下のご公務は祭祀のほかに、植樹祭など全国のを回っていらっしゃいます。
祭典などにお呼ばれになることも多く、陛下は
「できるだけ希望にこたえたい」
という希望をもっていらっしゃいます。
ですから昭和天皇陛下の時代に比べると全国へお出ましあそばすことが多くなっています。

海外にもいかれます。海外に国賓として呼ばれることもありますし、
サイパンなど先の大戦の巡礼の旅で亡くなった日本兵の魂を慰める旅をされていることは
皆さまもよくご存じだと思います。

国内でも陛下主催の春と秋の園遊会へのご出席、各国大使の任命など公務は限りなくなります。

天皇陛下のご公務の一部
閣議決定された書類への署名や押印
外国の国王や大統領との面会
外国の首相などとの面会
着任した外国大使から書状を受け取る儀式
首相や最高裁長官の親任式
大臣や大使など認証官の任命式
大綬章など勲章の親授式
文化勲章の親授式
様々な功績者との面会
赴任する大使との面会
帰国した大使から話を聞くお茶会
記念式典などの出席
地方への訪問
福祉施設などの訪問
被災地へのお見舞いなど
外国訪問

その他各宮家の成人皇族は天皇陛下に準じて公務をなさっています。

これだけの公務をなさっているにも関わらず、ほとんどの国民が陛下のお仕事に対して無関心なのは
いかがなものかと思います。

私は皇居の中に入ったことがあります。
清掃奉仕としって4日間、皇居などで清掃作業をするのです。
これは自主的に無料奉仕をするものです。
全国から毎年同じ団体が来て清掃奉仕をするのです。

皇居の中に入り、天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下に間近でお会いもしました。

陛下はどの人にも誠実で、真摯にお言葉をかけられていました。
優しく威厳のある姿に感動しました。

国民の中には天皇制廃止を訴える人もいます。
それを訴えるなら、まず先に天皇陛下の公務を調べてご自分がやってみることができるかを
考えてほしいです。

超多忙な陛下の仕事を自分でやれる自信がないなら天皇制廃止など軽々しく言うものではないと思います。

天皇陛下が「生前退位」の意向を宮内庁の関係者 に示されているとのことです。
82歳というご高齢にもかからわず日々公務を積極的にされている陛下。

街の80代のおじいちゃんなら仕事なんてしないで余生を楽しんでいますよね?
陛下はご自分の責任を全うするために超多忙にお過ごしです。

私は陛下の「生前退位」に賛成します。
若い皇太子殿下に位を譲られて残りの人生をゆっくりと過ごしてもらいたいと思います。
それが陛下と日本を愛する一国民の願いです。

 - 未分類