靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

丸山議員の発言は、全文を読めば問題は見つからない

   

丸山弁護士

丸山弁護士こと自民党の丸山和也参院議員が2月17日の参院憲法審査会で、
アメリカのオバマ大統領を引き合いに
「アメリカは黒人が大統領になっている。これは奴隷ですよ。建国当初の時代に、黒人・奴隷が大統領になるなんて考えもしない」と述べたとして
野党・マスコミが騒いでいますよね

しかしこれは、マスコミお得意の、発言の一部だけを引っ張ってきたものなんですね。

丸山議員の発言全文は以下になります。

====================
憲法上の問題でもありますけれど、ややユートピア的かもわかりませんけれども、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約、これまったく問題になりませんね。それから今、例えば、拉致問題ってありますけれど、拉致問題って恐らく起こってないでしょう。それからいわゆる国の借金問題についてでも、こういう行政監視の効かないような、ズタズタな状態には絶対なっていないと思うんですね。

これはですね、例えば日本がなくなることじゃなくて、例えばアメリカの制度によれば、人口比において下院議員の数が決まるんですね。比例して。それとですね、恐らく日本州というような、最大の下院議員選出州を持つと思うんです、数でね。上院は、州1個で2人。日本をいくつかの州に分けるとすると、十数人の上院議員もできるとなると、これはですね、世界の中の日本というけれども、日本州の出身が、アメリカの大統領になるという可能性が出てくるようになるんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という、まあ、その時は日本とは言わないんですけれども、あり得るということなんですね。

バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

そういう観点から、例えば日本がですね、そういうことについて、憲法上の問題があるのかないのか、どういうことかとお聞きしたい。

====================
読めばわかると思いますが、
奴隷と言われていた黒人でさえ大統領になれるくらいアメリカはダイナミック変革が出来る国なんですよ
と、アメリカを誉めている内容になっているんですね。

その例えとして、オバマ大統領の事を言ったのですが
マスコミは「自民党たたき」の材料として
この一部だけ切り取り、問題発言と騒いでいるんですね。

民主党の中川正春議員の「安倍首相の睡眠障害を勝ち取りましょう」と発言したことや
維新の柿沢未途議員の安倍首相のトイレ妨害など、
これらの方がよっぽど問題だとは思うのですが
左寄りのマスコミは、左寄り政党の行為を支持して
国を守ろうとしている保守系政党の自民党をの揚げ足を取るようなことばかりをやっているんですね。

本当に日本の国を守ってくれている政治家は誰なのか?
嘘情報に騙されずに、正しい情報を取得していきましょう。

今この時代に日本人として生きている私たちは、正しい情報を取得して
国を護るために命を落としていった、靖国神社に眠る英霊たちに対して
恥じることのない行動をしていきたいですね。

特攻隊

 - 護ろう日本国