靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

はすみとしこさんのサイン会が中止だそう。『そうだ難民しよう!』抗議した人は本を読んでいないでしょ!?「読んでから物を言え」と言いたい。

      2016/01/31

漫画家のはすみとしこさんのサイン会が2月に書泉グランデで行われる
予定でした。

私の知り合いが
「行きたいな~、でも仕事なんだよね」
と言っていました。

日程も2月11日と建国記念の日にぶつけてきたのも、にくい演出だと
思っていました。

それが今日になって、サイン会中止だそうです!
「差別に加担するのか」
という抗議が殺到したそうです。
それで、主催者側は、サイン会を中止したそうです。
IMG_68392

こうやって物議をかもすとすぐ撤回するところが、なんとも
「みんなの意見を大事にする」
日本人らしい対応です。

まあ、それはいいとしてサイン会に異議を申し立てた人たちって
この本『そうだ難民しよう!』を読んでいるのでしょうか?

私は、以前アパレルの社長をしていた人と知り合いです。
N氏です。

N氏がアパレルをやっていたときに、もう20年くらい前になると
思いますが、bitch(ビッチ)の不買運動が起こりました。
新聞沙汰にもなりました。

bitchというのは、英語で日本語に直すと「あばずれ女」という
意味の俗語なんです。

そして、そのロゴがすごくて、男の子が女の子の頭にピストルを
むけているというものでした。
かなり鮮烈で、私も街でみかけて嫌な思いをしました。

そのN氏は
「ジョークのつもり」
と言われていました。また、
「不買運動する人って、買っていない人。買っていない人(お客さんじゃない人)が
色々と言ってくるんだよね」
とも言われていました。

実際にそうです。
買わないくせに文句を言う。

だから、今回のはすみとしこさんの事件も、抗議した人というのは、この本を
読んでいない人たちだと思います。

読んでから、
「やっぱりこういう本は・・・」
と堂々と言えばいいのに、ネガティブな行動なるサイン会中止要求。

あまりにも卑劣だと思いませんか?
日本には、表現の自由があるのです。

私は、物議をかもしているこの本をしっかりと読みました。
細かい字まで全部読みました。

それで、書いてあることは真っ当だと思いました。
日本人が背を向けている問題に真正面から取り組み、問題提起をしてくれる、
こんな本はそうないと思いました。
その点、余命三年時事日記と同じ姿勢を感じて、その姿勢が素晴らしいと思いました。

私の知り合いのように、サイン会に行きたいと思っていた人、多いと思います。
そういう人の気持ちをないがしろにする行為は、なんとも卑劣だと思います。

まあ、そんなことよりもこの騒動でこのはすみとしこさんの『そうだ難民しよう!』
はamazon4位に返り咲きました。

反対派が叫べば叫ぶほど、この本の認知度が上がっていきます。
反対派が一番恐れているのは、この本の内容が国民に知れ渡ってしまうことだと
思います。

日本国籍の人間なら、しっかりとはすみとしこさんの『そうだ難民しよう!』を
読みましょう。

そして、この日本で何が行われているのか、自分たちの税金がどのように使われて
いるのか、知りましょう。
私たちには、知る権利があります。

 

今この時代に日本人として生きている私たちは、正しい情報を取得して
国を護るために命を落としていった、靖国神社に眠る英霊たちに対して
恥じることのない行動をしていきたいですね。

特攻隊

 - 護ろう日本国