靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

憲法9条が平和な訳ではない!!九条信者の危険な思想

   

よく「日本国憲法の九条があるから今の日本は平和なんだ」とか
「九条は平和憲法だから戦後一度も攻められていないんだ」などと言っている人がいます。

まあ、呑気なことを言えたもんだと思います。

まずは憲法九条とはどんな条文なのかをおさらいしてみたいと思います。

日本国憲法9条

=============
第2章 戦争の放棄
第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

=============

例えば、「争いを起こさないために武器を所持してはいけない」として
武器を持たなかったとします。

しかし、周りが全員武器を所持している状態で自分が武器を持っていなかったらどうなるのでしょうか?
拳銃を持っているギャングたちの中に、丸腰で警官が入っていったらどうなるでしょうか?

「私は警官だ。逮捕する」と言ったところで、撃たれておしまいですよね。
平和を唱えて、正義を貫いたところで、相手が武器を持っているのにこちらが武器を持っていなかったら
殺されてしまいます。

つまり日本が、「平和のために戦力を持ちません」と言っても
周りの国が戦力を持っている以上は、日本も同等の戦力を持っていないと危ないのです。

それが現在の自衛隊になるのですが、現在の軍隊が持てない日本において
自衛隊の役割は、自衛になりますので「攻撃を受けないと攻撃ができない」状態です。

つまり、「攻撃を受けないと攻撃ができない」とは
最初に受ける攻撃で死者が出る可能性があります。
例えば、相手国が攻撃をしてくると分かっていても
最初に攻撃されるのを見守っていないといけないのです。

もし、相手国がいきなりミサイルを撃ち込んできたらどうするのでしょうか?
ミサイルを撃ち込んでくると分かっても何もできません。
そしてミサイルにより都市が攻撃されて、
初めて日本はその相手国に攻撃ができるのです。
最初に攻撃される都市に、親族がいたらどうしますか?

これのどこが平和憲法なのでしょうか?
国民の死を犠牲にしないと攻撃ができない憲法のどこが平和憲法でしょうか?

よく、憲法9条信者の皆さんは、「この憲法で現在の平和が維持されている」と言っています。

イヤイヤ、違います。

今日本は、戦後他国からの攻撃は受けていません。
それは、米軍基地が日本にあるからです。
ただそれだけのことなんです。

こんな国民を危険にさらしている憲法にも関わらず何故日本が平和かと言えば
米軍が日本にいるからにすぎません。
米軍が日本にいるから攻撃できないだけです。

つまり、このような危険な憲法のもとで、米軍が撤退したら
日本はいつ攻撃されてもおかしくない事態に陥るのです。

まあ、このようなお話をすると、
「日本に攻撃してくる国はない」などと言っている人がいます。

チベットやウイグルを平和的に取り込んで、武力を放棄させたうえで
一気に民族を虐殺している国が隣国にあります。
この国は、中華思想の元、領土を広げていく目的がありますので
当然隣国である日本はターゲットに入っています。

過去に朝鮮戦争を行い、現在は休戦している国が隣国にあります。
休戦とは終戦ではありません。
当事者にとってはまだ戦争中です。
だからこの国は、いつもミサイルを発射して戦闘状態であることを表現しているのです。

日本の竹島を勝手に占領して、自国領土とほざいている国があります。
この国の人間は、日本へ来て在日として生活して、本名を名乗らずに
通名をつかって日本でやりたい放題して、日本の公共機関に入り込んで来ています。

そして、大東亜戦争時に、日本の敗戦直前に参戦してきて
北方領土を持って行った国があります。

このような隣国に囲まれていて、
「日本に攻撃してくる国はない」と言える神経がわかりません。

つまり、これらの国が自分たちの国の利益のために
息がかかっている人間たちを使って、日本に軍隊を持たせないために
「憲法9条信者として動いているのです」

このような、国民の命の危険をさらした憲法を変えることに反対しているということは
日本国を狙っている国の手先か、ただのお馬鹿さんしかおりません。

九条信者

このように「憲法9条は神様からのプレゼント」とか言っている人がいますが
日本国の利益を狙っている隣国からすれば、確かに憲法9条は神様からのプレゼントですよね。

つまり、現在の憲法9条を守ろうとする9条信者の人たちが
実は一番危険な人たちなんです。

今この時代に日本人として生きている私たちは、正しい情報を取得して
国を護るために命を落としていった、靖国神社に眠る英霊たちに対して
恥じることのない行動をしていきたいですね。

特攻隊

 - 護ろう日本国