靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

安保法案可決は民主主義の答えです

      2015/09/20

本日、安倍自民党率いる連立与党が、参議院議員の本会議にて
安保法案を可決してくださいました。

安保可決

日本が新しい歴史の一歩を踏み出した嬉しい一日であります。
現在日本は、戦後GHQに強制的に押し付けられた憲法の9条により
『攻撃を仕掛けられてからでないと、攻撃をすることができない』という
国民の命が危険にさらされたままの状態が
戦後から70年間も放置されておりました。

しかし今回の、集団的自衛権が盛り込まれた安保法案の可決により
攻撃を仕掛けられそうになった時点で、
同盟国であるアメリカが撃退してくれるので
憲法を変えずとも、国民の命が危険にさらされない状態になったのです。

つまり、今回の安保法案の可決は、より国民に平和をもたらす法案なのです。
しかし日本の隣国で、日本への侵略を画策している国にとっては
そんな法案が可決されれば日本への侵略行為ができなくなります。
その国にとっては、国民の命の危険がされたままの今までの方が
侵略行為を画策しやすかったのです。
ですから、その国の息のかかった組織や人間たちは
『戦争法案』などとうそのレッテルをはり
安保法案が可決されると戦争になり
安倍総理が暴走している独裁的なイメージを植え付ける戦略をとってきました。

その時によく使っている言葉としては『強行採決』です。
しかし、今回の法案可決は本当に強行採決でしょうか?

強行採決1

公平な選挙で選ばれた議員たちが、多数決で決めた法案なのです。

今回賛成した議員を選んだのは国民なのです。
今回反対している野党の議員に関しては過半数の議席を持っていません。
だから野党なのですが、何故それだけの議席を持っていないかというと
選挙で選んでもらえなかったからです。

公平な選挙で選ばれた議員たちが、公平な決議の場で多数決で行った採決。
これのどこが強行採決なのでしょうか?

そして、これこそが本当の民主主義ではないでしょうか?

今回の安保法案可決に関して、隣国の息のかかっているマスコミ各社は
こぞって今回の安保法案可決に関しては、駄々をこねた子供のように
なんだかんだケチをつけてきています。
その中で、「これは民主主義ではない」と言っている
おかしな報道局もありますが、全然正反対です。

今回の安保法案の可決こそ、本当の民主主義が出した答えなんです。

戦後70年間、日本国民の命が危険にさらされたままの状態を知っており
何とかしたいと思っていた国民が、それを実現してくれそうな
安倍政権を誕生させて、今回の安保法案可決を後押ししたのです。

これこそが、本当の民主主義の出した答えなんです。

安保可決2

国を護るために命を落としていった、靖国神社に眠る英霊たちに対して
恥じることのない政治家を選んでいきたいですね。

特攻隊

 - 護ろう日本国