靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

お出迎えしてくれる狛犬たち

      2015/07/24

境内案内図(狛犬)

靖国神社に到着した人たちを真っ先にお迎えしてくれるのが、狛犬です。

東京メトロ九段下駅の1番出口を出て、歩いていくと見えてくるのが靖国神社正面。

その正面で一番最初にお出迎えしてくれるのがこちらの狛犬です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

彫刻家の後藤良氏が大東亜戦争中に造りはじめ、終戦になった際に中断されたが、後藤氏が亡くなった後に、直弟子の八柳恭次氏が引き継ぎ、昭和41年に完成した狛犬です。

少し進みますと、大鳥居の前に、別の狛犬が2体あります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは清朝の狛犬といい、日清戦争の後、朝鮮の三學寺の狛犬を山県有朋氏らが譲り受け、明治天皇に献上して、靖国神社に置かれるようになった、境内最古の狛犬です。

そして、内堀通り側から入る際の石鳥居の脇を固めるのがこの二体。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高村光太郎氏が原型を造ったといわれている狛犬です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市ヶ谷駅から歩いてきたときはここから入ります。

南口の入り口になります。

ここには、境内唯一の青銅製の狛犬出迎えてくれます。

 

 

靖国神社には、この合計八体の狛犬が、参拝客を迎え入れています。

 

戻る

トップ

 

 - 建物・設置物について