靖国神社に参拝しよう

Just another WordPress site

*

手、そして心を清める手水舎

      2015/07/24

境内案内図(手水舎)

本殿へ向かう途中に手水舎があります。

まずは、正面から参道を歩いてきた際にありますのが、大手水舎です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここには、明治時代から手水盤があったのですが、1940年(昭和15年)に、在米日本人兵役義務者会の奉納により、現在の大手水舎になりました。

それまでの手水盤は、参集殿から回廊に向かう場所に設置をされましたので、昇殿参拝を行う人が使用する手水盤となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市ヶ谷駅から歩いてくると、ここが一番近い南門です。

南門を入ってすぐの場所にあるのが、この手水舎です。

こちらの手水舎は、1923年(大正12年)に関東大震災が起きた際に、境内に避難して助かった人たちが、お礼に奉納した手水舎です。

 

戻る

トップ

 

 - 建物・設置物について