英霊に恥じない日本を取り戻せ

Just another WordPress site

*

馬鹿発見器として機能する『#検察庁法改正案に抗議します』

   

検察庁法改正について騒がれており
Twitterで検察庁法改正相関図なる画像を発見

0815DF01-BF2B-4080-A47A-04F800FAE8C2

これを鵜呑みにして、検察庁法改正反対とか言っている輩って、本当の馬鹿?

それに、#検察庁法改正案に抗議します
なんてタグが、Twitterでトレンドいりしたとかですが、botを使って機械的に投稿をしているわけでしょ。
しかも、そんなインチキなトレンド入りを
なに食わぬ顔で報道しているNHKも馬鹿?

左翼の輩って、最近馬鹿の露出が半端ないですよね

なんで左翼のお馬鹿さんは、こんなアホな事をやっているのか?

まずは、古い話に遡ります。
小泉内閣や、第一次安倍内閣、麻生内閣の時に、民主党は、「与党のやっている事は駄目だ‼️俺たちならこうやる」って政策論争をしていたんですよ。
すると国民は、「じゃあ民主党に任せてみよう」って、民主党政権が誕生したんですよ。
すると、「俺たちはこうする」って言っていた政策は何一つ出来なく、次の選挙で、国民から政権の座を引きずり下ろされました。

ここで民主党が学び、『下手に政策論争をして、任されたら大変だ。反対だけして、与党反対派から票をもらって、議員でいられれば、生活も安定していいや』となったのです。
だから、安倍政権になってからの民主党関連の人達は、反対だけして、一切政策論争をしません。
しかし国民も馬鹿ではないので、政策論争をしないで批判ばかりしている野党の支持率はあがりません。
そこで反安倍のマスコミと、民主党系野党は、新しい戦法を思いついたのです。
『安倍さんは裏で悪い事をして、政治権力で揉み消している』と言う印象操作で、安倍政権の支持率をさげようと考え始めたのです。

まず最初は、森友問題
財務省が、元々価値の無い土地を森友学園に10億円で販売した。
するとゴミが沢山出てきて、「ゴミの撤去に9億かかった」と森友学園が怒った。
すると財務省が、ゴミの撤去料分を差し引いて1億で販売した。
と、いうだけの話なんですが、安倍首相の奥さんが森友学園で講演した過去がある事から、「安倍首相の奥さんが随意にしている森友学園へ販売価格を、安倍首相が権力を使って10億円から1億円に値引かせた」と野党や反安倍マスコミが騒いだ。
これが森友問題

次は加計学園
愛媛県には獣医を育てる学校がない。
「鳥インフルエンザの事もあるので、獣医学部を作りたい」と10年前から加計学園の学長が言っていた。
規制緩和で、愛媛にも獣医学部を一校だけ作る事になりました。
幾つかの大学が手をあげましたが、10年前からずっと要望していた加計学園に決まりました。
加計学園の学長と安倍首相はゴルフ仲間
「安倍首相は権力を使って、ゴルフ仲間の加計さんの大学に獣医学部を許可するように圧力をかけたんだ」と野党や反安倍マスコミが騒いだ。
これが加計問題

次は桜の会
政府は毎年、首相主催で桜を見る会を新宿御苑で開催しています。
これには、各都道府県や色々なお役所、功労者などを招いて、慰労の会としての位置づけです。
これは昭和27年から、毎年首相主催で開催しています。
当然民主党政権の時も主催しました。
それなのに
「安倍首相主催の桜を見る会は、自分達の票を集める為だけに、国費を使って開催しているんだ」と野党や反安倍マスコミが騒いだ。
これが桜を見る会

野党も反安倍マスコミがこんな馬鹿な追及をしているのをみて、冷静な人達は、まとめて、モリカケサクラ、なんて言います。
中には
モリ蕎麦、カケ蕎麦、サクラ蕎麦
なんて揶揄する人もいます。

さて、今回の検察庁法改正案です。
元々公務員の退職年齢は省庁によってバラバラ
それを65歳に統一しようという話
検察の場合は、現在は63歳が退職
それを65歳に変更するには、
検察庁法を改正しないといけない。
だから今回、検察庁法改正案が国会で可決される。
ただこれだけの話なんです。
しかしこれを
「安倍首相は、モリカケサクラと悪い事をしているのに捕まらないのは、黒川検事長が安倍首相をかまっているからだ。その黒川検事長が63歳で退職なのに、検察庁法を改正して65歳に引き上げて、自分の在職期間は、黒川検事にやらせようとしているんだ」と野党や反安倍マスコミが騒ぎだしたの。
そこへ、情報弱者だけど知名度をあげたい芸能人も乗っかった。
芸能人やテレビがいうと、鵜呑みにする情報弱者達が、それに吊られて一緒に騒いでいるだけ

今この時代に日本人として生きている私たちは、正しい情報を取得して
国を護るために命を落としていった、靖国神社に眠る英霊たちに対して
恥じることのない行動をしていきたいですね。

特攻隊

 - 護ろう日本国